風りん祭り&世界の風りん②【愛南町】

お出かけ

山の家・茶室で 風鈴の音色を楽しむ。
この足元もとってもかわいい!

石みたいな木でできているような、なんとも不思議な。。
上に夢中になって、撮影中にけつまづいたのは私です。
ただの老いかもしれませんが、皆様もお気をつけてくださいませ、、、、

山の家の隣は、また色味の違う風鈴が。
こちらは寒色で揃えられていて、見ているだけでも涼しい~~
緑にかこまれて本当に気持ちがよかったです。

一番の見所を後に、ぐるりと時計回りに進みますと、
屋根付き橋や、映画のセットにありそうな赤橋がでてきます。
紅葉が植えられているので、紅葉の時期は
赤橋×紅葉というザ★日本 な風景が見られそうです。
それも楽しみだなあ~

2か所目の鯉の餌やりスポットでもあります。
ドジョウやスッポンも食べに来ます。いや、、むしろこの場所は
スッポンの餌やりスポット・・・・笑

赤橋を渡ると、丁度グラウンドの真ん中を突っ切るような形で
入場口の方に戻れます。
疲れた方は、ここをショートカットしてください。

今回は、そのままグラウンドをぐるりと行くと。
個人的には一番関心が強かった場所、
落羽松(らくうしょう)が見られます。

このボコボコでている木みたいなのは何?と不思議に思っていたら
説明がちゃんと書いてありました。
簡単に言うと、息をするために上に根っこが伸びている、と。
へえええええええ(‘_’)
普通根っこは、下や横に伸びるのに、上に伸びることがあるなんて知らなかった。
呼吸根と呼ばれるそう。分かりやすい名前だ。


普段、じっくりと植物を愛でることなんてあまりないので、
こういう時間貴重で面白いです。
呼吸根を後に、敷地外に出た?とちょっと不安になりながら進むと海の家が。
昔ながらの家造り。中に兜が飾ってあって、ビビりの私にはちょっと恐ろしかった、、、
無人販売で、鯉の餌(100円)・ボート(定員3名 500円)があります。
少し前に、東京吉祥寺で手漕ぎボートの楽しさに目覚めた娘。
乗りたがっていたのですが、
なんせ無人。池は広い。スッポンもいる。
転覆した場合、、、誰が助けるんだ、、、と考えると勇気出ませんでした。
鷺の餌になりたくないからね。

散歩道は池がすぐ真横にあるので、小さなお子さんと行かれる方は特に
目を離さないようにご注意です。
 
途中、カモメの群れにも出会い、ここはもしや海、、、?と
勘違いしそうになりましたが、いや、どうなんだろう、、、
鯉が生きてるからやっぱり違うようなあという疑問は次回に置いていこ。

敷地内、全制覇!入り口すぐの土産品販売へ戻ってきました。
宇和島のシンボル牛鬼、ただいま~~~

中では、世界や日本全国の風鈴の展示、日本の風鈴の販売が行われていました。
空調が効いた館内は涼しい~~~
火照った身体を冷ましてくれます。

販売所で、散歩後のアイス!
うちはアイスに目がなくて、お出かけの際の楽しみの1つです。
ソフトクリームのラムネ味があり、初めて食べたのですが
味が、、ラムネ!あの爽快な酸味がそのまま。
ちょっと驚くほどラムネのまんまでとても美味しかったです。


もうひとつ、時々道の駅でみかけていたこれ。
溶けないアイス! 葛アイス。(愛南の梅味)
溶けないってどういうこと?と思っていたのですが、
むっちりとした寒天のようなものが凍らされているといえばいいのでしょうか。
買いたててガリガリの時に食べても、時間がたってムッチリした時に食べても美味しい。
梅味も爽やかでよかったです。

お出かけ先でしか食べられないようなものを食べる。
それも醍醐味ですね。

娘はちゃっかりとお小遣いで風鈴を買って帰りました。
値段もお手頃なものが多く、お土産にもいいですね~~
昔ながらの花火柄。かわいい!!

今回の南楽園の滞在時間、まさかの2時間以上。
いやあ、楽しみました。
入場料とおやつ代金だけだと2000円の予算があれば十分でした。
駐車場は無料

反対側のファミリーパークにも行く予定が時間切れ。
また秋のお楽しみです。

週末や、夏休みのご予定にいかがでしょうか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました