床と壁を【お手軽DIY①】

DIYもどき

お手軽DIYの話。

分かっているだけでも、築60年以上は経っている我が家。
長年、放置されていたこともあり、
痛みや汚れもひどかったのですが、

少しずつ手を入れると、綺麗になっただけでなく
何倍も家への愛着が湧きますね。

before ←これでもだいぶ綺麗にしていた方
古い畳をはいで、拭いたり、ここぞとばかりに消毒をして、
汚れてもいい状態で、ブルーグレーの塗装用ペンキで壁を塗る。
基本適当ですが、養生テープだけはきちんとしとくと、仕上がりが全然違います。
扇風機で壁を乾かしている間に、床を。
木目調のパネルをはめ込むだけの簡単DIY。
子どもでも難しくなくできました!
しっかりしている分、重さは多少ありますが、
仕上がりを見ると大満足。
after  いいです~~~(^^!!
母の嫁入り道具、桐のタンス(実家を建て替えて入らなくなった)も
圧迫感がすごくて気になっていたのでこの際、、と、下の部分を切り離し。
ちまっとして 丁度いい感じ。

パネルをぴっちりハメると凸凹もなく、掃除が楽だ~~~~(歓喜)

勢いに乗って隣の壁も。
ここは、水性シリコン系塗料 MORUMORU(モルモル)使用。
手でぬれるお手軽さで、子どもらも粘土感覚で塗り付けていました。
ぼこぼこ漆喰のような仕上がり!
自己責任で、アクリル絵の具を好きなようの足しながら色味を変えてみました。
丁度いい粘度でこりゃ簡単だ~~~
乾くのも一日かからず、すごくお手軽でした。
耐久性があり、補修としても使用できるようなので、まさにいろんな所にガタが来ている古民家にはうってつけ。

床と壁が変わると、本当に別の部屋になったような。
お手軽なのに、影響力大でおすすめです!

一か所変えると、どんどん変えたくなって。。
いい言い方をするとレトロなお風呂の壁も、
水回り用の塗料で下塗りして、、

レトロなお風呂といえばの、、、
富士山もどき!!
画力よ。。。。。

子どもらも好きな絵を描いて、 こっちも気分が上がり、
(これもアクリル絵の具足しました)
なんだか多国籍!まあいっか。

毎日、お風呂を見るたびに気分が上がります↑↑
古民家で、おそらくもう私らが出て行ったら誰も住まないので
りたい放題です(^^) これも古い家に住むメリットですかね。

今は、本当にお手軽にDIYできる塗料や素材が充実しているので
古民家に関わらず、新築やそれぞれの家に適したDIYができるので
嬉しい限り。
家にいるのが幸せ、と感じるひとつの要因になります。
それはものすごく大切なことで。
それに気づけたのも、山暮らしをしてからのように思います。

さて、変えたい熱は冷めるわけもなく、
次はお手洗いと、リビング兼寝室(いいように言ってみました)の壁に着手
つづく。。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました