三津浜花火大会2023とドラマのロケ地【松山市】

お出かけ

夏は花火の季節。
【第71回松山港祭り 三津浜花火大会】に行ってきました。
【開催日時】2023年8月5日(土) 毎年8月第1土曜のようです。
【開催時間】20時~21時頃
【開催場所】松山市三津ふ頭
【駐車場】臨時駐車場有り。今年は三津浜小・中学校等でした(会場までは歩いても10分程)

基本、のんびり見たいので、今年も会場から離れた海、梅津寺から。
梅津寺にも駐車場はありますが、台数も多くないし、始まる1時間以上前にはすでに埋まっていることが多いです。その場合は、臨時駐車場などに停めて、伊予鉄道に乗って梅津寺駅に降り立つといいと思います。
三津ふ頭周辺は、毎年かなりの渋滞になるので、いくら田舎といえど、
行き帰りの混雑はつらいものがありますね。

みかん色の電車が走る伊予鉄道。
基本、がら空きです。たまーに乗る方としては空いていてありがたいのですが、
存続の危機なのでは。。。。とまた無駄に心配。


7:40頃に海に到着。
一年の中で、間違いなくこの日が一番人が集います。
梅津寺駅は、90年代を代表する、あの有名なトレンディードラマ
「東京ラブストーリー」のロケ地でもあるんですよ。

リアルタイム世代ではありませんが、
それでもタイトルや「か~んち!」という可愛いセリフは、誰もが知っているのではないでしょうか。
あのドラマがどんなに世を動かしたかや、魅力を
職場の同僚が、それはもう、、情熱的に教えてくれているので、なんならドラマ見たんじゃないかな?という気にさえなっています。笑

フェンスにくくりつけられた無数のハンカチ。
一時、撤去されていたと思うのですが、またじわじわとくくられていて、
黄昏時がよく似合います。
ふと、「夕暮れ時」と「黄昏時」の違いは、、、?と気になり検索。
同じ時間帯を指すようですね。
でも、なんとなく、海辺の暗くなり赤みが残る時間帯は、
黄昏時という方が似合う気がします。


もっと暗くなると、電車の光だけが走っていくようにみえて、
銀河鉄道999をイメージしてしてしまいます。
綺麗な景色。。。

間違いなく人は多いのですが、
海は広いから。 全然詰まっておらず。
毎年、このゆる~~~~っとした雰囲気が丁度良くて、ここにきてしまいます。
子どもがもう少し大きくなったら、
打ち上げ場所の三津ふ頭に行ってみようかな。

近所の方も椅子持参で、のんびり座って、準備OK.
20時に無事開始です。

梅津寺からもこんなに大きく見えるんですよ。
混まないし、電車も、近くの松山空港から離着陸する飛行機も、船も楽しめる穴場スポットです。
今年は、なにかの流星群にあたったのか、ちょいちょい流れ星が見えました!
始めは、花火の火の粉?と思っていたのですが、
花火の間の休憩中であったことや、花火が終わってからだったので、
おそらく流れ星だったと子どもらと興奮(^^
いい夏の思い出となりました。

海からなので、光の反射もあわせて楽しめるのがいいところ。

綺麗でした~!
今年も満足。続けてくれる方に感謝です。

そういえば、この梅津寺駅のお隣。
終点の高浜駅は、あのガリレオの真夏の方程式のロケ地でもあるんですよ。
レトロな雰囲気が残る駅。

地方に住んでいると、自然に囲まれて、いい景色の恩恵を常に受けているのですが、
そんな風に、映像に収まると、また違った魅力がでていいですね。
地元民としても、とっても嬉しい。

離れて、魅力の再確認ですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました