リベンジ!【大きなシャボン玉】

山暮らし

前回、シャボン玉遊びをしたときに、
想像ではもっと、大きく優雅に出てくる予定だったのですが、、、、
なんだかんだバタバタと人力で出した感じ。。。

どうにかして想像どおりに作りたい。。
これはこれで、、?
細めの毛糸と、割りばしでハシゴを作成。
毛糸がシャボン液を付けるたびに、ふにゃふにゃと張り付いてしまい
ちょっと扱いにてこずることがありました。

もっと優雅に!!シャボンが山風でふわーーーーーっと出てほしい!!!

というわけで、リベンジです。
鉄は熱いうちに打てとはよく言ったもので、
遊び熱が冷める前に作成作成。

高い場所に掲げると、空気の動きで優雅にでてくるのでは、、と
畑に置いてあった、野菜の支柱をちょっと拝借。
もう少し張りのある糸はないかと、、、麻紐!

一度チャレンジしましたが、シャボン液を十分に含ませることができず断念。
たっぷりつけても、ボタボタと落ちて、
うまく膜がはらない。。完全に失敗。
一番出なかった。。

気を取り直して、
今度はシャボン液を含んでくれ、かつ、張りのあるもの、、
ビニール紐!!
穴自体も大き目に結んで、、、いざ!
そよ風が吹いただけで、ふわぁ~~~(^^)/
にょーーーーーーーーーーーんん
この伸びる瞬間、一番楽しい。。
。。。。。。。ぽんっ!!!!

これは、私の中では大成功。
風が吹けばそのまま、風がやめばゆっくりと優雅に動かすだけで
特大のシャボン玉ができました。

シャボン液は、タライに水をいれて、食器用の洗剤を、
シャボンの様子をみながら足していきました。

最初から分量を調べてもよかったのですが、
どのくらいでいいシャボンができるのか。
それも、実験みたいで子どもらが楽しんでいました。
正解は携帯ですぐ調べられる時代。
知らないふりをして、試しながらするのもいいものですね。

ひとまずシャボンリベンジは終了!
次は何をして遊ぼうかな。
仮面舞踏会ごっこ。。。。。笑

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました