【山に住むメリット5つ】

山暮らし

改めて山に住むメリットを5つ挙げてみることにしました。

街の方から、ド山の中に移り住んだのは、
前提として祖父母の家がそこにあったから。
なので、県外から、とか縁もゆかりもない場所から、とか
志の高い方らからとは少し身構え方が違うかもしれないと思うのですが、

それでも、今考えると、
よくこんな山の中に住むことをあんな簡単に決意できたな。。。。
と我がことながら今更思います。若さですかね・・?
子どもの頃からお盆と年末年始のお泊りがあったので
ハードルがぐぐっと下がっていたのでしょう。

訪ねてきてくれた友人たちには、口をそろえて
ポツンと一軒家みたいな場所!と言われます。
そうだね、私も今ならそう思うよ、、、言われて気付いたよ。。( 一一)
季節によっては雲海が毎日みえる標高500メートル超えの山です。

さて、山に住んで気が付けば9年目・・??あれ、驚くほど時間が経っている、、
まだまだ知らないことだらけですが、
山暮らしのメリット5つ

  1. 景色がいい!

    当たり前ですが、当たり前じゃないこの景色。360度自然に囲まれた山の中。
    朝はキツツキが木を突く音や、鳥のさえずり、
    そよそよとなびく植物。視界は緑や花の優しい色で満たされて。
    気持ちのいい風、日陰、夏は避暑地。
    多少しんどいことがあっても、仕事で疲れても、
    ぼーーーーーーっとしてリフレッシュできます。
    通勤・通学時間も季節のドライブに早変わりです。
  2. 子育て中にも優しい!

    一時、街中で住んでいた時は、子どもがいてもいなくても音をだすことに
    かなり気を遣っていました。
    自分もそうだし、子どもが生まれてからは尚更。
    特に、小さな子をお持ちの方は、
    元気な声で話して、嬉しそうに飛び跳ねる姿をみると嬉しそうで
    心ゆくまで楽しませてあげたいと思うとおもうのですが、
    どうしてもある程度になると、ご近所に迷惑かな、、と落ち着かせることに気を遣っていました。

    今は飛ぶ、跳ねる、ヤッホーーーーーーーと叫ぶ、
    なんだか楽しそうにひゃあひゃあ言っているのを、何も気にせず
    純粋に楽しめています。
    子どものためというか、親の精神上とてもいいメリットです。

  3. 細かいことに動じなくなった!(心に余裕ができた)

    いい意味でいろんなことに対しての許容範囲が、ぐぐぐぐぐっと広がったように感じます。
    何があったとかではなく、不思議なのですが、
    山の環境が勝手にそうさせてくれたとしか、、、ただ年をとっただけ説もありますが、
    いろんなことに関して、受け止め方が広がっています。
    図太くなったといいますか。多少のことでは焦りません。
    あーーーーどうしようねえ、ひとまずお茶でも?くらいの受け取り方です。
    虫に関しても、ものすごく苦手!の方だったのですが、もはや強制同居の山暮らし。
    でたね、、、ああ、でたでた、、またか、あれは悪さしないやつやからあっちへおいき~~~、くらいには強心臓になりました。
  4. なんでもとりあえずやってみる精神が育った

    まず、かなりの古民家だったので、というか
    今は古民家というとおしゃれなイメージをお持ちの方もいるかもしれないのですが、
    当初は長い間放置状態で廃墟寸前。
    強制的に住めるようにするというミッションが課せられ(自分で課せたのに、、)
    床だ、壁だ、キッチンだを適当リフォーム!
    まったくのド素人でも、仕上がりがひどくても、
    自分がやった!という事実が自己肯定感を爆上げしてくれます。
    難しいと思っていることも、
    やってみれば案外簡単にできるのだな、という精神を育ててくれたのは
    間違いなく山暮らしをしたからです。

    それがわかると、なんでもとりあえずやってみる。
    やってみてダメなら、次を考える、という流れが、私にも子どもにも自然と身についた気がします。

  5. 家時間と外時間がかなり充実(物欲減った)

    物欲お化けに支配されていた20代、街暮らし。
    買っても、手に入れたら一旦満足。でもまたすぐ買いたいものがでてくる。
    勢いで買って後悔、次はこっち、、、
    それはそれで、物を見る目の練習だったといえばいいことにもとれるのですが、
    山に暮らすと、不要だと感じるものが増えます。

    必要以上に自身を着飾る必要がないし、使うものも変わってくる。
    相当な量の洋服類を持ってきていたのですが、
    心が変わって、無理なく断捨離できました。
    以前は、自分の洋服だけでクローゼットぎゅうぎゅう+保管ケース4つ分くらい持っていたのですが、(今考えると恐ろしいな自分)、今は子どもの分と合わせても、ハンガーラック1つとお気に入りのキャビネット1つ、季節ものを入れる小さ目のプラ棚ですべてが収まっています。
    今でも、洋服、かわいいものは大好き!には変わりないのですが、
    手入れが簡単で、着心地のいいもの、お気に入りをローテーションして十分におしゃれも楽しんでいます。
    ご飯も映えるというよりは、畑でとれたものや頂き物を焼くだけで十分美味しい。
    足りないものは、仕事ついでに週一のスーパーで用意。
    旬がわかる。

    欲しい、ではなく
    必要なものと、そうでないもの、区別が自然とつくようになりました。

    もともとお出かけ大好き、休日は常に予定を詰めていた私ですが、
    今は家のこと、本を読む、自然と遊ぶことで満たされた気持ちです。
    旅行好きは変わっていないのですが、無駄なものに出費をしなくなった代わりに、
    宿をいいものにしたり、そこでしかできない体験にとお金の使い方も変わりました。
    普段山の中でいるぶん、
    外に出た時の新鮮さがすごい。
    家も外も、どちらも楽しめる相乗効果があると思います。

    今回は5つ山暮らしのメリットを挙げてみました。
    こう思うと、精神面へのメリットばかりですね。
    でもそれが一番良かったのは間違いないです。

    次はデメリットも挙げてみようと思います。(これもたくさんある気がする。。笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました